Like a Rolling Stone〜転がる石のように

転がる石のように、心理カウンセラー新居が自由に気ままに感じたことを気の向くまま綴るBlog

大人は楽しいぞを伝えよう

どうして夢を描く子どもたちが少ないのだろう?

僕が幼少の頃は、楽しそうにしてキラキラした眼差しで夢を語り、笑顔で遊んでいる大人が多かった。

しかし今は…

子どもが未来に夢を描かないのは、大人が楽しんでいないからだと僕は思うんだ。

大人が夢を語り、今を楽しんでいたら、笑顔で楽しく生きてたら

「僕も早く大人になって楽しみたい♬」

って間違いなく子どもは、早く大人になりたいって思うはず。

今の大人ってどんな感じなんだろう?

今の大人の大半は… いつも誰かに対して、愚痴や文句ばかり言ってる人が多いよね。  

 上司に、  

 部下に、  

 同僚に、  

 パパに…

 

それはいつも本人がいないところで…

夢を誰かが語っても、その時はウンウンって聞いているのに いなくなった瞬間に

「そんなの無理だよ。出来るわけないよ。時間ないし…。」

あるいは、面と向かって子どもの夢さえも否定する。

大人は子どもたちに何を伝えたらいいんだろう?

いつもそんな愚痴や文句ばかり言ってる大人になりたいだろうか?

もし君が子どもで、夢を否定されたら?

そんな大人になんか、誰が考えたってなりなくないと思わないかい?

子どもたちが、夢を語る時に僕はいつも伝えていることがある。

「もし誰かが君の夢を、無理だと言ったら、そんな大人や仲間たちを信じなくていい。その人たちは君に成功して欲しくないから言っているんだ。そんなの仲間じゃない。やってみようじゃないか。きっとできるさと夢を語れる仲間を周りに増やしていこう。」

そんなことを話して、子どもたちの夢を大切に聴くことにしている。

僕たち大人たちは、今をどうに生きたらいいのだろう?

それは、どんなところでも、自らいるところで、与えられた環境で…

自ら楽しんで見せて、笑顔で楽しんでいられるのが大人だということを肌で感じてもらえるようにすることだと思う。

「いいか子どもたちよ、大人は楽しーぞ♬ 夢は、必ず叶う。夢の途中も、失敗もまた楽しいぞ♬」

って

僕たち大人の一人ひとりが、先ずあなたが伝えよう!

f:id:pixyara:20171016141539j:image